取引手数料で証券を比較

証券の取引をする際には、取扱外者に対して手数料を支払わなければならないのが一般的です。

かつてはこの手数料の負担が大きかったのですが、インターネットを通して取引ができるようになってからは、手数料はかなり安くなったといえるでしょう。

インターネットの活用によってコスト削減ができるようになり、手数料を引き下げることに多くの取引会社が成功したのです。

とは言っても、証券によって手数料は異なりますから、比較しておくことは有用です。

まず、資産運用の中心となる株式についてですが、国内株式はかなり安くなっているといえるでしょう。

特に、ネット証券は安くなっていて、特定の銘柄や、あるいは約定代金が小さい場合には無料で取引できるケースもあります。



債券も資産運用の中心となりますが、これは予め販売会社が手数料を上乗せして販売していますから、表示され散る利回りをそのまま手に入れることができるというメリットがあります。

livedoorニュースの情報を幅広く扱っているサイトです。

投資信託を活用して資産運用をされる方も多くいますが、投資信託の場合には買付手数料や信託報酬等が必要となります。



これらは銘柄によって異なっています。中には手数料の高いものもあります。
例えば、買い付け時の手数料は無料であっても、信託報酬が数%くらいの高いものもありますし、逆に信託報酬が安くても買い付け時の手数料が高いものもありますから、投資信託を選ぶ際には手数料が高すぎないかどうかをよくチェックした上で選ぶことが必要です。


Copyright (C) 2016 取引手数料で証券を比較 All Rights Reserved.